すべての在庫は悪なのか?月収10万円以下のあなたのせどりをレベルアップさせる資金と回転率の秘密の話

どうも皆さんこんにちは!昇進パパならぬ、小心パパのhiroです!

実はワタクシ以前から速読のスクール通っているんですが、これがなかなか楽しいんですよねー。

ちょっと特殊な速読スクールで、授業の中で他の受講生とおしゃべりをしながら本を読むということをやっていますw

並行作業をすることで右脳が活性化するんだとか。そのせいかわかりませんが、受講後は頭と気分がスッキリしています(゚∀゚)

人と気楽におしゃべりをするってだけでも癒やしの効果があるみたいですね。興味のある方は紹介しますんでhiroまでお問い合わせください!

在庫を恐れるあまり、回転率だけを見て仕入れていませんか?

さて今回の本題は多くのAmazonせどらーが頭を悩ませるであろう在庫問題です。

前回こちら↓の記事で正しい回転率の見極め方をお伝えしました。

多くの人が勘違いしている、せどりにおける回転率の考え方。これを知れば利益アップの大チャンス

回転率を理解すれば「やっぱ回転が早い商品こそがゼッタイの正義!在庫なんてゼロがいい!」と多くの方が考えるところではありますが、現実に即したとき話はそう単純ではありません。

もちろん商品の回転が遅いよりも早いに越したことはないのです。しかし回転率のみで仕入れ判断をした結果、仕入れられる商品が非常に少なくなってしまっているとしたら…?

具体例を上げてみましょう。

例えばあなたがひと月の仕入れ資金30万円を持っているせどらーだとします。

あるとき仕入額5000円で売値1万8千円、利益1万円になる商品を見つけました。過去1年間を通して売れた価格は1万8千円でほぼ安定しており、現在他のライバル不在の状態。しかし商品の価格自体が高いせいか、3ヶ月に1回程度の頻度でしか売れていません。

ここで回転率を最優先しているあなたが「3ヶ月に1回しか売れていないからダメだ」と判断してこの商品は仕入れないという選択をしたとしましょう。結果、その月は仕入れ資金30万円を使い切ることができずに、20万円程度で止まってしまいました。

確かに回転率を優先したことで、3ヶ月間在庫を持つということは避けることができたと言えます。

でもこれってせどりで稼ぐという目的において、本当にベストな選択だったのでしょうか?

せどりの本質は健全なキャッシュフロー!自分の現状にマッチした仕入れ基準を決めて、資金をガンガン増やしていこう!

せどりというものをビジネスの視点でみたとき、その本質は持っている資金をめいいっぱい回転させて雪だるま式に稼いでいくということです。

月の資金が30万円あるなら30万円分商品を仕入れて、15万円利益が出たら、45万円に増えた資金を使ってまた目一杯仕入れて稼いで…ということの繰り返しです。

そういう本質的な視点で見たときに、上記の例では使える資金を10万円も余らせて、結果的に3ヶ月後に1万円という大きな金額を稼ぐチャンスをフイにしているということになります。

もちろん急にライバルが増加する可能性など、リスクはゼロではありません。在庫保管手数料のことも多少考慮が必要でしょう。

勘違いしないでいただきたいのは、何でもかんでも仕入れて資金を使い切れ!という浅いレベルの話ではありません。利益額のみを重視して、まったく売れない商品ばかりを仕入れていては資金ショートを起こしますからバランスは大切です。

しかしこの場合、仕入額5000円で見込み利益1万円なので、仮にライバルが急に増加したとしても値下げすることのできる幅はかなりありますよね。

そう考えたときに、私ならば多少のリスクは承知で間違いなく仕入れます。

不良在庫のリスクを下げる意識は大切です。しかし分析もせずに「なんとなく不安だから」という理由で仕入れに制限をかけていてはみすみすチャンスを逃すことになります。

分析の足りない回転重視のライバルと同じ考え方で同じような商品ばかりを探していては、限られたパイの奪い合いになって仕入れ量はおのずと頭打ちになってしまうことでしょう。

チャンスは多くの人が見ていない部分にこそ転がっています。

ざっくりまとめると個人の資金力や在庫状況によって取るべき商品は変わってくるということですね!

仕入額を上げて利益を上手く出すには、キャッシュが苦しくならない自分の仕入れ基準というのを決めることが重要です。

資金に余裕のある方は回転率が3ヶ月に1個の商品でもどんどんチャレンジしてみても良いですね。資金は使わずに寝かしているだけでは減りこそしませんが増えもしません!

たとえ資金にあまり余裕が無い方でも、自分の中でルールを決めれば回転が悪くても利益額が高い商品を仕入れても良いでしょう(例えば「月に3万円分までは回転率3ヶ月のものを仕入れても良い」など)。

大切なのは目先の感情に振り回されずに、一定の基準を決めること、そしてデータを取って振りかえりを行うこと。

データを取っていれば、ズレてきたとしても修正が効きます。もしも総在庫額が増えてきたら、仕入れ基準を回転重視にシフトチェンジすれば良いだけです

これらがしっかりできていれば数多のライバルに負けない仕入れが可能です!3ヶ月の在庫だって、ちゃんと利益が出る額で売れれば立派なお宝ですからね!

ライバルに差をつけてキャッシュを上手く回転させることができるせどりを目指しましょう(*^^*)

ビジネスって苦しくも楽しいチャレンジの世界ですよねー

たかだか在庫一つとってみても、こういう多岐にわたる視点で自分の資金や現状を分析することができないと、おそらく月収が10万や20万円を超えるせどらーになることはかなり難しいんじゃないかと私は考えます。

どうしてもリスクをゼロにしたくて月収10万円以下でいいなら、私は普通にアルバイトを頑張ることをオススメしますねー。※アルバイトがダメっていってるんではないですよ。目的は人それぞれですから現状にマッチしているならバイトで稼いでも全然オッケーです。

総合的な判断をした上で、多少のリスクは承知でチャレンジしていくことが、せどり(ひいてはビジネス)で大きく成功するための第一歩なのかなと、ようやく私も気が付き始めたところですw

いやほんと、ビジネスで稼ぐって大変なんですよ…。

特にhiroはアホみたいに小心でネガディブなんで、月収50万円達成した今でも「人に雇われてテキトーに稼ぐ方が自分に向いてていいかもなー」なんてふと思うことがありますから\(^o^)/

でもやはりビジネスにはアルバイトと違って可能性があります。夢があります。

お互いビジネスという苦しくも楽しい世界に片足を突っ込んだ身。

したたかに生き延びてやりましょうね!

くじけそうになったらご連絡ください!ご相談に乗ります!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です