セカンドストリートの仕入れではここを見れば利益率64%も余裕!

ブレずに揺れずに小心者!生まれたての子鹿のハートを持つパパせどらーのhiroですw

 

せどり仕入先の定番店舗のひとつとしてセカンドストリートが上げられますね。

全国で500店舗以上ありますので、単純計算でどの都道府県にも10店舗はあるという計算になります。

扱っているジャンルも「生活家電」「AV機器」「携帯電話」「おもちゃ」「スポーツ用品」「アパレル」など多岐にわたります。せどり初心者や田舎に住むせどらーさんにとってもかなり身近な仕入先といえるでしょう。

今回はそんなセカンドストリートで効率よく仕入れするためのポイントをお伝えします!

 

セカンドストリートで初心者が仕入れられないのは「どこを見たらいいかわからない」から

セカンドストリートで仕入れをするとき、皆さんはどこを見ていますか?

さきほども言いましたがセカンドストリートはフロアが広くて、商品ジャンルが多いのが特徴です。

だいたいフロアの半分がアパレル系で、残り半分が家電・おもちゃ系になっていることが多いです。

比較的初心者の方がセカンドストリートに仕入れに行ったときには、結構な割合で「どこを見たらいいんだ…」とorz状態になることが多いでしょう。

私も初心者の頃はとりあえずおもちゃのコーナーに行って、なんとなーくピコピコとバーコードを読み込むという効率の悪いことをしていましたw

それでも確かに仕入れられるものは見つかりますが、効率が悪いので、メンタルをやられて挫折…ということにもなりかねません。

そこでセカンドストリート仕入れ攻略のポイントをお伝えしていきます!

 

セカスト仕入れで見るべきポイントはズバリここ!「ショーケース」と「エンド棚」

見るべきポイント①ショーケース

セカンドストリートに行ったらまず見るべき場所は「ショーケース」です。ショーケースに入っている商品の特徴としては「比較的小さめ」のもので「高価なもの」で「レアなもの」が多いんです。

お店側の心理としては小さくて高い商品なのでショーケースに入れて万引きを防止したいという意味が大きいのでしょうね。ベタベタ触られてキズをつけられるのを防止するという目的もあると思います。

最近の全国的な配送料の値上げの観点から考えても「小さめのもの」はせどらーにとって大きなメリットですし、「高価なもの」ならAmazonとの価格差を発生させやすいので利益がとりやすいです(このあたりのカラクリはまた別の記事で解説しますね!)。

「レア物」については需要と供給のバランスが崩れやすいという特徴があります。世の中にあまり出回っていないものなので「Amazon在庫切れを起こしやすい」イコール過去の相場よりも高い値付け(いわゆる俺様価格)で売り抜けられる可能性が高いということになります。

またショーケースの中のものは基本的に手打ちで商品を検索するしかないので、これが結構めんどくさいです。つまり「ライバル不在」で良い商品が残っている可能性がかなり高いといえます!

人のやりたがらないところにこそ勝算があるのがせどりの(ひいてはビジネスの)原理原則です!「めんどくせえ!」と叫びながら頑張ってリサーチしましょうw

 

見るべきポイント②エンド棚

皆さん「エンド棚」ってご存知ですか?「棚の両端のスペース」という意味の専門用語らしいです。画像で説明するとこの部分ですね。

このエンド棚が小心パパ的にはかなりおすすめの穴場です!

私自身そうだったのですが、なぜかこの場所は見落としているせどらーが多いです。さーっと棚を見て回っているとなんか見逃しちゃうんですよねー(ちなみにスーパーなどの業界的にはエンド棚は売りたい商品を置くべき「目に付きやすい場所」というのが定説のようですが…)。

セカンドストリートのエンド棚の特徴としては「イヤホンやコードなど新品の小さな商品が複数個ぶら下げられている」「ジャンル分けしにくい、ちょっとレアなものが無造作に置かれている」という2パターンが多いです。

イヤホンなど新品の小さな商品はセカンドストリートも卸などからまとめて仕入れているようなので、利益が出ることはほとんどありません。世の中に溢れている商品ということになりますからね(単価も安いですし)。

ショーケースの項目でもお伝えしましたが、一見なにに使うのかわからない「レアなもの」はなかなか熱いです。店舗もよくわからない商品には正しい値付けがしにくい、故にテキトーな価格であることが多いです。

皆さんもぜひエンド棚を見て「なんじゃこりゃ?」と思ったものをリサーチしてみてください!(個人的には「松田優作仕入れ」と呼んでいますw)

 

実際にエンド棚で仕入れて利益率64%で即売れした商品!こんな仕入れなら出品規制とも無縁!

ここで実際に私がエンド棚で仕入れた商品をひとつご紹介したいと思います!

セカンドストリートの中にこんな感じで棚があって…

この下の方にひっそりとある箱入りの商品が私のアンテナにビビッと来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに「なんじゃこりゃあ?!」てな感じの商品ですが、どうやら一人で部屋でカラオケを楽しむための商品のようです。

波形も申し分なし。

http://mnrate.com/item/aid/B00JO5Z9EE

この商品、値札は700円ですがセカストクーポンを使って680円で仕入れ。

中古(良い)で3800円で出品したら1週間で即売れでしたー。

680円仕入れの3800円売りで利益は2432円。利益率は驚異の64%!なかなか美味しいですね。

セカンドストリートのエンド棚ではこんな感じで美味しい商品が結構眠っています。

SONYなどの有名メーカーと違って、こういうレアでマニアックな商品なら出品規制とも無縁なので、そういう意味でも初心者の方に狙ってもらいたいです。

今回掲載した写真を参考に店内を歩いているイメージトレーニングをしてから、実際に店舗に足を運んでみてください!

ではまたー!

 

おまけ

今回仕入れた商品を見てスターウォーズの「タイ・ファイター」を連想した私ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です